““福島県が放射線健康リスク管理アドバイザーとして招聘(へい)した、長崎大の山下俊一教授の話  長崎原爆のほか、旧ソ連のチェルノブイリの被曝者医療に20年携わってきた。その経験から、今回の事故による健康…”

Posted by tamura on 8th 10月 2021 in 未分類

““

福島県が放射線健康リスク管理アドバイザーとして招聘(へい)した、長崎大の山下俊一教授の話

 長崎原爆のほか、旧ソ連のチェルノブイリの被曝者医療に20年携わってきた。その経験から、今回の事故による健康被害は、あまり心配していない。

 避難対象を現場から半径20キロ以内、さらに30キロ以内を屋内待機とした国の判断は妥当だった。今後もさらに範囲を拡大する必要はない。このため、福島市からの避難を考えたり、首都圏に住む方が西日本に逃げるような行為は無意味だ。

 なぜなら、テレビでおなじみになった「マイクロシーベルト」とか「ミリシーベルト」という単位の大気中の放射線量が、体内に取り込まれるのは、その数値の10分の1にすぎない。

【放射能漏れ】「健康不安なし」「30キロより外、避難不要」福島県アドバイザー教授 – MSN産経ニュース (via tnoma)

福島県民が不安がるのは(情報伝達も不十分だろうし)無理もないが、東京都民が不安がるのはバカすぎる。

(via hexe)

(via tkdsngn)

Leave a Reply